はじめての検査

横腹が痛い時や健診で行う『腹部超音波検査』とは

スポンサーリンク

腹部超音波検査で発見できる所見

胆のう、腎臓、膀胱などの腫瘍、ポリープや結石、肝臓の嚢胞や脂肪沈着、妊娠など

異常所見があるときに考えられる病気

胆石、胆のうポリープ、脂肪肝、肝硬変、肝嚢胞、肝がん、嚢胞腎、腎結石、腎臓腫瘍、膀胱ポリープ、膀胱がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫など

症状

病気によって異なる。腹痛、背中や腰の痛み、吐き気、嘔吐、便秘、下痢、血尿など

スポンサーリンク

検査の目的・意義、検査時の注意

超音波を体に当てると、臓器や管状の器官の壁などに当たってはね返ってきます。

当たったものによってはね返り方が違うので、その様子を映像化すると、そこにあるものの輪郭が映し出されます。超音波は人体に無害で痛みもない検査で、特に腹部の病気の診断に力を発揮します。

脂肪肝や肝硬変、胆のうのポリープや胆石、子宮筋腫、卵巣嚢腫、腎臓や膀胱の腫瘍、妊娠の診断などによく利用されています。

異常を放置しておくと…

この検査は肝臓の病気の診断に利用され、特に食べすぎやアルコールの飲みすぎ、運動不足などが原因となる脂肪肝がよく発見されます。

脂肪肝は放っておくと肝炎や肝硬変など重い肝臓病に発展することがあるので、医師などの指導を受け、生活習慣を改善する必要があります。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top