はじめての検査

PSAの年齢別基準値!!数値が高い場合の症状と考えられる病気

スポンサーリンク

PSA(前立腺特異抗原)の基準値

50~64歳:3.0ng/mL 以下

65~69歳:3.5ng/mL 以下

70歳以上:4.0ng/mL 以下

基準値より高いときに考えられる病気

前立腺がん、前立腺肥大、前立腺炎など

症状

尿が細い、尿が出にくい、頻尿など

スポンサーリンク

検査の目的・意義、検査時の注意

これは前立腺の病気を調べる検査なので、男性が対象です。

PSA(前立腺特異抗原)は前立腺でつくられる物質で、正常であればつくられた少量のPSAは精液に混じって外に排泄されています。

しかし前立腺にがんなどの病気があると、つくられる量が異常に増えて、排泄しきれない分が血中に溢れ出てくるようになるのです。

がんが進行すると高く、治療によって改善すると数値も低くなるため、がんの進行度の判断や治療の経過観察にはよく利用されています。

PSAの数値は正常でも年齢とともに上昇するため、基準値も年代別に示されています。

また前立腺がんでも初期では数値が高くならず、発見できないことがあります。

その一方で数値が4.0から10.0ng/mLと上昇が軽度だった場合、がんであるのはその4分の1から3分の1程度といわれています。

したがって中高年になったら、1回だけでなく定期的に検査を受け、数値の経過を見るようにしましょう。

異常を放置しておくと…

前立腺がんは特に65歳以上に多いがんですが、早期発見のため中高年になったら毎年検査を受けましょう。

前立腺がんは比較的進行が遅いがんで、手術だけでなく抗がん剤やホルモン療法、放射線治療などの効果も見込めるので、怖がらず、早めに検査や治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top