はじめての検査

【尿沈渣】白血球と赤血球の基準値と異常時に考えられる病気

スポンサーリンク

尿沈渣の基準値

赤血球:1視野2個以下

白血球:1視野4個以下

上皮細胞:少量

円柱:陰性

結晶:少量

異常があるときに考えられる病気

腎炎、膀胱炎、腎がん、膀胱がん、尿路結石、腎不全、外傷、痛風、肝炎、血液の病気などが考えられます。

スポンサーリンク

症状

炎症の場合は発熱、結石や痛風では激しい痛み、腎不全や肝炎などでは倦怠感などが考えられます。

検査の目的・意義、検査時の注意

ほかの尿検査や血液検査、自覚症状から腎炎などが疑われたときに行われる検査です。

尿道口の周囲の汚れが混じらないようにしてとった尿を遠心分離にかけ、沈殿したものを顕微鏡で調べます。

炎症やがんなどがあると沈殿物の中に赤血球や白血球、尿管や膀胱などから剥がれた細胞、尿の成分が固まった結晶などが見られます。

また、円柱とは、尿をつくる装置の尿細管という管の流れが悪くなって管の中でできた円柱状のかたまりです。

円柱の種類や成分によって、どんな病気があるかを推測することができます。

異常を放置しておくと…

尿沈渣は、健康診断のメニューとしてあるわけではなく、事前に検査の異常があったり、自覚症状があったりした場合に行われる検査です。

たいていは病気の診断のためにほかの関連する検査も同時に行われます。

検査後は、その結果や異常の意味、診断などについてお医者さんに相談してみましょう。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top