はじめての検査

検査値TP(血清総蛋白)とは

スポンサーリンク

検査項目TP(血清総蛋白)の基準値

・6.5~8.0g/dl

TP(血清総蛋白)とは

血清中に含まれている蛋白の総称。現在、100種類以上の蛋白が知られており、そのうち最も多いのがアルブミン、ついで抗体活性をもつγ-グロブリン、ほかは微量。蛋白のほとんどは肝臓で合成され、人の健康を維持するためにさまざまな働きをしている。

疑われるおもな病気などは

高値

慢性感染症、膠原病、多発性骨髄幕、原発性マクログロブリン血症など

低値

肝機能障害、栄養不良、蛋白漏出(ネフローゼ症候群)など

肝機能障害、腎機能障害で低値に

血清蛋白の中で、最も多く存在するアルブミンは肝臓で合成されるため、肝機能障害の疑いがあるときは、まずこの検査を行います。肝臓の合成能力が低下するとアルブミンが減少し、血清中の総蛋白量は低下します。とくに慢性の肝臓病(慢性肝炎や肝硬変、肝臓がん)では著しく低下します。

また、腎機能の障害を調べるときにも有用です。腎機能が低下するとアルブミンをはじめとする蛋白が尿中に漏れ出てしまい、やはり血清中の総蛋白量は低下します。その代表的な病気がネフローゼ症候群です。

栄養状態、全身状態を把握する指標

血清蛋白の多くは肝臓でつくられ、その際にはアミノ酸をはじめとする種々の材料が必要になります。したがって、栄養状態の悪いときには材料が不足して蛋白を合成することができなくなり、血清総蛋白は低下します。

また、何かの病気で口から食事がとれないと、1週間で2~4g/dl低下してしまいます。この検査をすると、栄養状態、全身状態が簡単にわかるため、とても重要な検査のひとつです。

検査当日の飲食は普通でよい

血清総蛋白は、蛋白に親和性のある(くっつきやすい)色素を用いた分析法によって測定されます。また、屈折計を用いて大ざっぱな濃度を得ることも可能です。基準値は6.5~8.0g/dlです。

6.0g/dl以下なら低蛋白血症、8.5g/dl以上なら高蛋白血症とみなします。この項目に関しては、検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

低値でも高値でも、くわしい検査を

総蛋白は低値でも高値でも何らかの異常を考え、さらにくわしい検査を行います。生理的要因(例えば、横になっての採血では座っての採血より10%程度低値になる)による低値の場合でも、再検査が必要です。

また、栄養不良による低値の場合は、急激な改善はみられないために1週間に1回程度の検査で十分です。低蛋白の人は、高蛋白食を摂取して蛋白源を十分補給する必要があります。

 

異常値を放置すると

TPの異常だけでは病気の診断はできません。高齢者では、食が細くなりTPが低下し、やせて全身の代謝が悪くなり病気に感染しやすくなったりするので、定期的な検査値のチェックは必要です。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top