はじめての検査

尿が赤い?!血が混じってるのは尿潜血!!原因とその病気に迫る

スポンサーリンク

尿潜血の基準値

陰性

陽性のときに考えられる病気

腎炎、尿路感染症、尿路結石、腎臓がん、膀胱がん、<月経血の混入>など

症状

腎炎・感染症では発熱、患部の痛みなど。結石では激しい腹痛や腰の痛み

スポンサーリンク

検査の目的・意義、検査時の注意

尿の中に赤血球やその成分であるヘモグロビンなどが混じっていないかを調べる検査です。赤血球などが混じった尿を血尿といいます。

血尿は、腎臓や尿路に炎症やがんなどがあってそこから出血していたり、赤血球がどんどん壊れてしまう溶血などが起きて、赤血球の中の成分が腎臓から漏れ出ている疑いを示しています。

ただし一過性ですぐに治ってしまう血尿もあり、原因がわからないこともあります。

血尿には見た目でもわかる血尿と、検査しなければわからない血尿(顕微鏡的血尿)があります。

出血の量が少ないと顕微鏡的血尿になるので、検査してみる必要があるのです。

女性の場合、月経中だと尿に月経血が混じりやすいので、検査は月経中を避けて受けるようにしましょう。また、大量のビタミンCの摂取が、偽陰性の原因となることもあります。

異常を放置しておくと…

過労で血尿が出るということも確かにありますが、血尿や強い倦怠感などの症状は単なる過労ではなく、何か重大な病気のおそれもあります。

また見た目ではわからない程度の血尿でも、深刻な病気のサインかもしれません。検査で少しでも血尿を認めたら、詳しい検査が必要です。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top