はじめての検査

今すぐ確認!!おしっこ(尿)の色が濃い場合に注意すべき病気

スポンサーリンク

尿の色の基準

正常の尿は淡黄色~黄色で透明

尿の色に異変がある疑われる病気

尿路感染症、尿路結石、腎炎、肝臓や胆道の病気、膀胱がんなどが疑われます。

症状

病気によって違いが出ます。感染症の場合は発熱、倦怠感など、尿路結石や胆道閉塞では激しい痛みなどが出る場合があります。

スポンサーリンク

検査の目的・意義、検査時の注意

これは健診などの項目として行う検査ではないのですが、尿の通り道や腎臓、肝臓などの病気の手がかりになる情報が詰まっています。

正常の尿は淡黄色で透明です。ただし色の濃さは、たくさん水分を飲んだときは薄く、大量に発汗したときなどは濃くなるなど、正常でも色だけに色々と変化します。

結石やがんなどで尿に血液が混じると、尿が濁ったり、出血量が多ければ赤い血尿になります。

尿が濁っている場合は、腎臓や尿路の感染症や前立腺の病気なども疑われます。ただし、病気がなくても食べ物や体調の変化、妊娠などで褐色になります。

またある種の栄養ドリンクを飲んでいるときは、尿がオレンジ色や黄色、黄緑色に変化します。

異常を放置しておくと…

ひどく疲れているときや運動直後などには、病気でなくても尿が濁ることがあります。しかし尿の濁りや色の異常は、がんなどの思い病気の兆候の場合もあるので、注意が必要です。

尿潜血や尿沈渣といったほかの尿検査の結果、尿に血液などが混じっていれば、さらに詳しい検査が必要です。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top