はじめての検査

検査値K(カリウム)とは

スポンサーリンク

検査項目K(カリウム)の基準値

3.5~5.0mEq/l(イオン電極法)

 

K(カリウム)とは

神経の興奮や心筋の働き(収縮)を助ける生命活動の維持調節に重要な電解質(陽イオン)です。

 

疑われるおもな病気などは

高値

腎臓での排泄低下:腎不全、アジソン病など
過剰摂取    :食事、輸血、輸液、薬剤など
細胞内からの移動:インスリン欠乏、降圧剤・ジギタリス剤の影響、アシドーシスなど
その他     :溶血、白血球増多、血小板増多など

 

低値

喪失  :嘔吐、下痢、吸収不良症候群、利尿剤の影響、クッシング症候群など
摂取不足:絶食、食欲低下など

 

嘔吐や下痢、内分泌の病気などで低値に

カリウムは、強い嘔吐や下痢があるときや内分泌の異常などが疑われるとき検査します。体内のカリウムは、嘔吐や下痢が強いと吐物や便とともに体の外に出てしまい、低値になります。

 

また、腎臓からカリウムが異常に失われるとき(腎血管性高血圧、クッシング症候群、利尿剤を多飲したときなど)に低値になります。

 

体内のカリウムのほとんど(98%)は細胞内に存在し、細胞外液には2%ほどしかありません。

 

糖尿病でインスリンを過剰に注射すると、カリウムは血液中の糖分とともに細胞の中に移動してしまい、血液中では低値になってしまいます。

 

腎不全で高値に

カリウムは、腎機能障害が考えられるときにも調べます。体内のカリウムの90%は尿から体外へ出ていきます。そのため、腎機能が低下する腎不全で尿量が減少すると、血液中のカリウムは高値になります。

 

また、何らかの原因で細胞の中に多く存在するカリウムが細胞外液中へ移動してしまうと、血液中のカリウムは高値になります。

 

これは、強心剤のジギタリス剤を内服したり、降圧剤のひとつβ-遮断剤を内服したり、またインスリン欠乏でもみられます。その他、カリウムの多い食物を食べ過ぎたり、輸血やカリウムを多く含んだ輸液の点滴などで高値になります。

 

異常値が認められたら、ただちに再検査

約0.5mlの血液を遠心分離後、自動分析器で測定します。この検査項目については、検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

 

カリウムは神経や心臓の働きを助ける因子で、体にとっては大変重要な物質です。高過ぎても低過ぎても心臓や神経、筋肉の働きが変化してしまいます。

 

高値(6.5mEq/l以上)では心電図に異常が現れ、反対に低値(3.0mEq/l以下)では全身のけいれんや筋力低下、意識障害などをおこしてしまいます。

 

異常値が認められたらただちに再検査し、さらに原因となる病気を確定するための血液検査などの追加検査を行います。異常カリウム値は、早急に正常に戻さないと生命にとって大変危険です。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top