はじめての検査

白血球数が多い時や少ない時に考えられる病気は何?!

スポンサーリンク

白血球数(WBC)の基準値

4000〜9000個/mm³

基準値より低いときに考えられる病気

膠原病、再生不良性貧血、悪性貧血、白血病、重症感染症、〈薬剤の副作用〉など

症状

感染を起こしやすい。健康な人では特に問題にならないような細菌やウイルスに感染したり、重症化して生命に危険が及ぶこともある

基準値より高いときに考えられる病気

何らかの感染や炎症が起きている。白血病、急性心筋梗塞、熱傷、〈術後、薬剤の副作用〉など

症状

発熱、咽頭痛、倦怠感、頭痛、腹痛など、感染などの病気が起きている部位の諸症状

スポンサーリンク

検査の目的・意義、検査時の注意

体内に侵入するウイルスなどの外敵を撃退する免疫の働きをする白血球は、風邪などの感染が起こると数が増えます。

このような一般的な感染症の場合は、ウイルスなどの外敵を排除できれば 白血球数も元に戻ります。

しかし、白血球数の異常が長く続く場合は、白血球ができるプロセスの異常や全身性の重い感染症などが疑われます。

健康診断の受診は、風邪などの感染があるときは避けたほうがよいでしょう。

異常を放置しておくと…

白血球数の異常が長く続く場合は、特別な血液の病気の疑いもあるので、定期的に検査を受けて経過を見ましょう。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top