はじめての検査

検査値γ-GT(γ-GTP)とは

スポンサーリンク

検査項目γ-GT (ガンマ・グルタミール・トランスペプチターゼ)の基準値

男性:0~50IU/L

女性:0~30IU/L
(JSCC勧告法)

γ-GTとは

γ-GTは、γ-GTPとも呼ばれています。肝臓での薬物代謝にかかわる物質(グルタチオン)の合成に関係する酵素で、腎臓、膵臓、肝臓、脾臓、小腸などに含まれています。

疑われるおもな病気などは

高値

肝疾患 :アルコール性肝炎、アルコール性脂肪肝、胆汁うっ滞性肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど
胆道疾患:胆道炎、総胆管結石、胆道がん、膵頭部がんなど

アルコールの影響に比例して高値に

γ-GTも、肝臓の障害を調べる重要な検査です。なかでもアルコールが原因で障害がおこると、肝細胞に存在するγ-GTが血液中に出てきて特異的に上昇し、基準値の数倍から10数倍の高値になります。

これは、アルコールが肝細胞のγ-GTの活性を刺激するためと考えられています。

アルコール性脂肪肝ではγ-GTの上昇とGOT、GPT、LDH、さらにコレステロールやトリグリセリドも高値になりますが、アルコールが関係しない脂肪肝(食事性や糖尿病性)ではγ-GTの上昇はごく軽度です。

飲酒する人では、GOT、GPTが正常でγ-GTのみが2~3倍に上昇することもあります。これは、アルコール性肝障害はおこしていませんが、アルコール量が体に負担になっている状態と考えられます。

γ-GTは、アルコールを飲まない人の肝機能障害(肝炎や肝硬変)でも上昇しますが、アルコールが原因している場合に比べてその程度は高くなく、基準値の2~3倍程度の上昇にとどまります。

 

胆道系内圧の上昇でも高値に

γ-GTは、胆道系の病気を疑うときにも検査します。胆道炎や総胆管結石、腫瘍などで胆道の内圧が上昇するときや胆汁うっ滞などでは2~3倍の高値となります。

 

検査前日の飲み過ぎに注意

約0.5MLの血液を遠心分離後、自動分析器で測定します。男性は女性よりやや高値になります。この項目に関しては、検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

ただし、前日に酒を飲みすぎると一時的に軽度に上昇(2~3倍)することがあるので、検査前日の飲酒は控えめにしてください。

アルコールが原因で高値のときは禁酒

基準値を超えていたら、その原因になる肝臓病の判定のため、種々の血液検査(肝炎ウイルス)や腹部超音波などで精密検査を行います。

アルコールが原因で高値のときは禁酒が必要で、禁酒2週間で数値は半分くらいに低下しますが、アルコール性肝炎やアルコール性脂肪肝になっていると、2~3カ月禁酒しないとγ-GTは正常になりません。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


スポンサーリンク



Return Top