はじめての検査

アーカイブ : その他

ボラギノールと同じ成分なのに安くておすすめの『ぢ』の薬

ボラギノールと同じ成分なのに安くておすすめの『ぢ』の薬

ぢが出てきた!病院に行く?行かない? いやー久しぶりに“ぢ”になりました。僕の『ぢ』になるタイミングって全く読めないんですよね。なんか突然肛門の入口にプクッとイボみたいなものが出てきます。 良くわかんないですが2年に1回ぐらいのペースで肛門から“ぢ”が登場してきます。 イボみたいのが出ているという“みたいの”は実際に見たわけで...

プロトロンビン時間とは?!基準値と検査の目的について

プロトロンビン時間とは?!基準値と検査の目的について

プロトロンビンとは 血漿けつしよう中に含まれる糖タンパク質。肝臓で生合成され、トロンボプラスチンやカルシウムイオンの作用を受けて活性型のトロンビンとなる。血液凝固の第2因子。 プロトロンビン時間とは PT(prothrombin time)は、血液の凝固因子に関する指標の一つ。 基準値 10~13秒 基準値より低い(短縮)とき...

病院の検査や本で基準値や正常値がそれぞれ違う理由

病院の検査や本で基準値や正常値がそれぞれ違う理由

このサイトに書かれている基準値(正常値)と別のサイトや本に書かれている基準値(正常値)、さらには病院や健診センターからもらった表の基準値(正常値)が違うことが多々あります。   これは、どれかが間違っているのではありません。基準値(正常値)は、患者さんから提供された検体の分析方法やそれを測った機械ごとによって『違い』...

健康診断の費用について

健康診断の費用について

日本では、すべての人が健康診断を受けられるようになっています。   生まれて小学校に上がるまでは乳幼児健康診査、小学校から大学までは学校検診、会社では職場健診を受けることが義務づけられています。   主婦や自営業の人などは、市区町村が実施する住民健診を受けることができます。   健康診断は、病気で...

生化学自動分析装置のしくみ

生化学自動分析装置のしくみ

昔、生化学の検査は検査技師が試験管、ピペット、分光光度計などを使って測定していました。   1954年にアメリカ人のスケッグスにより自動分析装置が発明されると、57年にアメリカのテクニコン社よりオートアナライザーとして発売されました。   日本自動分析装置は、70年に日立製作所から400形自動分析装置が発売...

生化学血液検査の依頼(オーダー)のしくみ

生化学血液検査の依頼(オーダー)のしくみ

先生が患者さんを診断するときに検査をするのですが、その際の生化学血液検査の検査依頼(オーダー)は各病院で検査項目の種類(セット)は決まっています。   たとえば肝臓の検査だったらAST、ALT、γーGTP、TP、ALB、T-BIL、D-BIL、LDH、T-CHO、Che、ALPの11項目といったセットが組まれています...

検査の種類

検査の種類

臨床検査は、体から排出された尿、便、血液などを検体検査と心電図や脳波、肺機能など人に直接触れて行う生理検査に分けられます。   一般検査である尿検査では腎臓、膀胱、肝臓の病気を見つけることができます。   便検査では便潜血の反応を見ることで消化器官内の出血がないか調べることができます。   血液検...

スポンサーリンク



Return Top